03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ

プロフィール

のんProfile

コーギーとの生活やデコ雑貨の
制作日記を綴っています。

長年苦しめられ続けてきた三叉神経痛。
2013.4.30手術を受け完治。

同じ病気で苦しんでいる方の
参考になれば…と、入院中の様子や
治療の様子をブログに綴っています。

虎太郎 & 柚子


line.gif

line.gif


line.gif

カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院当日・手術前日

2013.04.29 00:00|病気のこと
いよいよ入院の日。

朝早くに家を出て、病院へ…


もしもの時の事を考えて、家の中の私物はなるべく綺麗に整えて家を出た。
何も知らない虎太郎と別れる時は、ちょっぴり悲しかった


途中、両親と合流し病院へ


9:30  入院受付
まだ実感の湧かないまま、何となく他人事のように入院受付を済ませる。
GW中という事もあり、今日から入院する人は少ないようだった。


10:00 病棟案内
担当の看護師さんが、病室を案内してくれる。
思った以上に部屋が広く、窓際という事もあって明るい部屋だった。

入院オリエンテーション、ネームバンドを足に装着し、検温・身長・体重の測定も行った。


11:00 担当医師による手術の説明
明日行われる手術の詳しい説明を両親と共に受ける。

あまり詳しく説明すると気持ち悪くなる人もいるらしく…
オブラートに包んで説明するか否かを聞かれるが、詳しくお願いします!と即答。


私が今回受ける手術は、神経血管減圧術。

全身麻酔をした後、三叉神経痛の痛みのある側の耳の後ろの皮膚を
縦に約10~15センチ切開した後、頭蓋骨に500円玉強の大きさの穴を開けます。

次に手術用顕微鏡を使って、その骨窓から小脳と頭蓋骨の隙間に沿って
滑り込むように視野を進め、脳の奥の方にある三叉神経に到達。

そして、三叉神経痛の原因となっている血管を三叉神経からはがし、血管が触れないよう固定。


その後、頭蓋骨窓周囲を修復し皮膚の切開部を丁寧に縫合して手術は終了。


若い人程、頭蓋骨と脳の間の隙間が狭く手術は難しくなるそうで
私の場合「4~6時間掛かると思って下さい」と言われた。


その他に、頭蓋骨を開けた時、乳突蜂巣が開放してしまう可能性もあるとの事。
解放した場合、そこから髄液などが入らないように閉鎖処置をしなくてはならないそうです。


そして、術後の合併症についても詳しく説明をして頂きました。


12:00  昼食
初めての病院食。
どんな料理だろう…と、ドキドキしながら蓋を開けると…

痛みで食事もままならない事を考慮された 流動食


昼食が済むと、後は明日の手術に備えてゆっくりと体を休める為
パジャマに着替えて、部屋で一人くつろぐ。


18:00  夕食
次に食事が出来るのは、翌々日の昼。


19:00  お風呂
手術後、しばらくお風呂に入れないので体を綺麗に洗う。


22:00  消灯・就寝
明日の手術が気になって、なかなか眠れない。
そして、相部屋だったおばさん2人のイビキがうるさすぎて輪をかけて眠れない。

仕方が無いので、耳にイヤホンをつけたままようやく眠りにつく。


気がつくと窓の外は明るく、朝の光が差し込んでいた。



にほんブログ村☆デコ小物
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。